芸能・文化

骨が語る古代人の歴史 飛鳥資料館で展示、体験も

 研究室の雰囲気を再現した奈良文化財研究所・飛鳥資料館の特別展「骨ものがたり」の会場=奈良県明日香村

 巨大マグロに馬の骨、ウニの殻…。遺跡の発掘で見つかる動物の骨や貝に焦点を当て、人の歴史を読み解く「環境考古学」を紹介する奈良文化財研究所・飛鳥資料館(奈良県明日香村)の特別展「骨ものがたり」が好評だ。研究体験もでき、担当者は「子どもや歴史が苦手な人こそ楽しんでほしい」と話す。6月30日まで、月曜休館。

 同研究所の環境考古学研究室は、全国の189遺跡で38万点近い骨や貝類を分析してきた。会場では、見つかった骨の種類や部位を特定するため、国内外から集めた5千点近い標本を持つ研究室の雰囲気を再現。壁に標本ケースや書棚の写真を張り、研究員が使う道具や机を置いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス