国際

米、天安門30年の抑圧批判 中国は「おぞましい迫害」

 【ワシントン共同】中国で民主化運動が武力弾圧された天安門事件から6月4日で30年となるのを前に、中国当局が活動家などへの締め付けを強めているとされることについて、米国務省のオルタガス報道官は30日、「中国共産党による組織的でおぞましい迫害行為だ」と批判した。

 米CNBCテレビは同日、ペンス副大統領が6月中旬にも、中国についての演説を予定していると報じた。イスラム教徒の少数民族・ウイグル族の弾圧など人権状況を非難する内容とみられ、貿易摩擦を抱える米中間で人権を巡る対立が強まる可能性がある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス