政治

海洋プラごみ削減で行動計画 政府、循環戦略と漂着ごみ対策も

 海洋プラスチックごみ対策の関係閣僚会議で発言する原田環境相(右から2人目)。右端は安倍首相=31日午前、首相官邸

 政府は31日の関係閣僚会議で、深刻な環境汚染につながるプラスチックごみの海洋流入を減らすための行動計画をまとめた。国内で排出するプラごみの大幅削減を目指す「プラスチック資源循環戦略」と、海岸漂着ごみ対策の新たな基本方針も正式決定。大阪で6月に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に向け、日本の取り組みをアピールする。

 安倍晋三首相は閣僚会議で「海洋プラごみ問題はG20で最大のテーマの一つだ。議長国として解決へ向けたリーダーシップを発揮していく」と述べた。

 循環戦略と漂着ごみ基本方針は昨年、環境省の審議会が決定し、パブリックコメントなどの手続きを踏んだ。


(共同通信)