国際

不法移民対策でメキシコに関税 米政権、最大25%まで上乗せも

 30日、米コロラド州で式典に臨んだトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権は30日、メキシコ国境から流入する不法移民を抑制する対策をメキシコに促すため、同国からの全ての輸入品に6月10日から5%の関税を課すと表明した。メキシコが有効な対策を取らなければ10月までに最大25%まで引き上げるとしている。

 国境の管理についてトランプ政権はメキシコ側の対応に不満を募らせているが、不法移民対策として通商面で制裁的な関税を課すのは極めて異例。導入されれば、両国経済だけでなく、メキシコで事業展開するトヨタ自動車や日産自動車など自動車大手を中心に日本企業にも大きな影響がありそうだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス