くらし

成田、「顔パス」で搭乗手続き 五輪・パラ控え来春導入

 報道陣に公開された、空港の搭乗ゲートなどを「顔パス」で通過できるシステム=31日、東京都港区

 成田空港は2020年春、チェックイン時に顔の画像や旅券情報を登録しておけば、搭乗ゲートなどを「顔パス」で通過できるシステムを導入する。東京五輪・パラリンピックを控え、搭乗手続きの時間短縮を図ることが狙い。開発したNECが31日、報道陣にシステムを公開した。

 NECによると、専用端末に旅券や搭乗券を読み込ませる際、カメラが顔を撮影し、旅券の写真と照合して本人確認。保安検査場入り口や搭乗ゲートで旅券や搭乗券を取り出すことなく、顔認証で通過できる。荷物の預け入れも顔認証で可能となる。

 成田国際空港会社(NAA)によると、当初は全日空と日本航空で導入する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス