芸能・文化

バレエ岩田氏、劇場監督を退任へ ロシア極東、「次の挑戦をする」

 ブリャート国立アカデミーオペラ・バレエ劇場の芸術監督を退任する岩田守弘さん=31日、ロシア・ウラジオストク(共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア極東・ウランウデのブリャート国立アカデミーオペラ・バレエ劇場の芸術監督を務める岩田守弘さん(48)=横浜市出身=が今季で退任することが31日分かった。ロシア国内の別の劇場で活動を続ける意向。岩田さんが共同通信に明らかにした。「ブリャートでは素晴らしい体験をさせてもらった。節目と考え、次の挑戦をする」と話している。

 ロシアバレエの豊かな感情表現にひかれ、19歳でロシアに渡った岩田さんは、世界最高峰の一つ、モスクワのボリショイ・バレエ団で日本人初の第1ソリストとして活躍。2012年に現在の芸術監督に転身し、若手育成に尽力してきた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス