経済

手紙を84円に値上げへ 省令改正決定、増税で価格転嫁

 総務省は31日、10月の消費税増税に伴う郵便料金の値上げに関して、手紙(25グラム以内の定形郵便物)の料金の上限を82円から84円に引き上げる省令の改正を決めた。日本郵便は増税分を転嫁し、手紙を84円、はがきを63円に値上げする方向で検討している。

 関係閣僚会議の了承を得て公布する。日本郵便はその後、総務省に値上げを届け出る。

 手紙の値上げは2014年4月に消費税率8%への引き上げに伴い80円から82円に引き上げて以来、5年半ぶりとなる。はがきは17年6月に人手不足による人件費の上昇などを理由に52円から62円に値上げして以来、2年4カ月ぶりとなる。


(共同通信)