政治

警戒情報で直ちに事前避難指示 菅氏、南海トラフ地震対策

 菅義偉官房長官は31日の記者会見で、南海トラフ巨大地震対策を巡り、気象庁から「巨大地震警戒」の臨時情報が出た場合、直ちに首相が1週間の事前避難を指示すると説明した。

 菅氏は「現在の科学的知見では地震の発生時期や場所、規模を高い確度で予測できない」と表明。その上で「発生の可能性が平常時と比べて高まっていると評価された場合、防災行動を取って被害をできる限り減らすことが重要だ」と強調した。


(共同通信)