社会

スカイマーク機長からアルコール 前日に焼酎

 スカイマークは31日、30日朝の中部発那覇行きに乗務予定だった40代の男性機長から、乗務前の呼気検査でアルコールを検出したと発表した。機長は交代し、運航に遅れはなかった。

 スカイマークによると、那覇行きの出発は午前6時5分が定刻だった。機長は中部空港で午前4時55分ごろに勤務を開始。直後から複数回の検査を受け、呼気1リットル当たり最大0・13ミリグラムのアルコールが検出された。

 機長は29日、滞在先のホテルの部屋で午後1時半ごろから3時半ごろにかけて、焼酎の水割りを200ミリリットル入りカップで3杯飲んだと説明した。


(共同通信)