政治

立民、不信任案提出を本格検討 枝野代表「効果的な時に」

 記者会見する立憲民主党の枝野代表=31日午後、国会

 立憲民主党は31日、内閣不信任決議案を提出するかどうか本格的な検討に入った。枝野幸男代表は記者会見で「いよいよ出すか出さないかが問われる状況になっている。出すなら一番効果的な時に出したい」と述べた。安倍政権は「不信任案提出は解散の大義になる」(菅義偉官房長官)と野党をけん制しており、夏の参院選に合わせた衆参同日選の可否を巡る駆け引きが激化しそうだ。

 今国会の会期末は6月26日。提出する場合、児童虐待防止法・児童福祉法改正案の成立後の中旬以降になる見通し。与党は19日に党首討論の開催を調整中だ。


(共同通信)