スポーツ

清宮克幸氏副会長就任へ 日本ラグビー協会役員改選

 清宮克幸氏

 6月の役員改選に向けた日本ラグビー協会の理事候補を選考する指名委員会は31日、早稲田大、サントリーなどで監督を務めた清宮克幸氏(51)ら約20人の案をまとめた。清宮氏は副会長に就く見通しで、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会を迎える新体制が固まった。

 清宮氏は監督として早大で全国大学選手権優勝3度、サントリーではトップリーグを初制覇した。2018~19年シーズンを最後にヤマハ発動機監督を退任した。プロ野球日本ハムの清宮幸太郎選手は長男。

 7人制男女日本代表の強化を統括する岩渕健輔総監督は留任で、専務理事候補に挙がっている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス