経済

NY株、一時320ドル超安 米の対メキシコ関税懸念

 【ニューヨーク共同】31日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トランプ米政権がメキシコからの全輸入品に関税を課す方針を表明したことを受けて急落し、前日からの下げ幅が一時320ドルを超えた。

 午前10時現在は前日比279・63ドル安の2万4890・25ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は107・47ポイント安の7460・25。

 トランプ米政権が30日、メキシコからの全輸入品に関税を課す方針を表明した。メキシコは米国にとって国別で2番目の輸入元で、景気への悪影響に対する懸念が広がり、売り注文が膨らんだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス