スポーツ

JOC、女性元検事起用へ 岡村消費者庁長官、役員に

 岡村和美氏

 6、7月に役員を改選する日本オリンピック委員会(JOC)が新たな常務理事に、元検事で消費者庁長官の岡村和美氏(61)を起用する方向で最終調整していることが31日、複数の関係者への取材で分かった。JOCは同日、第3回の役員候補者選考委員会を開き、人選をまとめた。外部の人材や女性を増やして改革を目指す。

 東京都出身の岡村氏は最高検検事などを経て2014年7月に法務省初の女性局長として人権擁護局長に任命された。16年8月から現職。

 関係者によると、JOC新会長就任が確実視されている全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏と10年以上前から親交があるという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス