スポーツ

全米女子OP、比嘉が暫定首位 第2R、45人が終えられず

 第2ラウンド、16番でパットを決め、ガッツポーズする比嘉真美子=CCチャールストン(共同)

 【チャールストン(米サウスカロライナ州)共同】女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子オープン選手権は31日、サウスカロライナ州チャールストンのCCチャールストン(パー71)で第2ラウンドが行われ、比嘉真美子は4バーディー、4ボギーの71で回って通算6アンダーの136とし、暫定で首位を維持した。悪天候による中断があり、45人が日没までに競技を終えられなかった。

 68で回ったジェシカ・コルダ(米国)が1打差、アマチュアのジーナ・キム(米国)がさらに1打差で続いた。70で回った勝みなみは通算イーブンパー、新垣比菜と鈴木愛は1オーバー。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス