スポーツ

五輪聖火857市区町村へ リレーのルート概要発表

 準備が進む、2020年東京五輪の聖火リレールートの概要発表イベントの会場=1日午前、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、来年3月26日から47都道府県を巡る五輪聖火リレーのルート概要を発表した。東日本大震災などの被災地、各地の世界遺産や名所を組み込み、「復興五輪」の理念とともに地域の魅力を発信する。通過する市区町村は日本全体のほぼ半分の857で、121日間で約1万人がリレーする。具体的な経路を定めた詳細ルートは年末までに決める。

 ルートには津波に耐えた岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」や被災後に再建された宮城県南三陸町の「南三陸さんさん商店街」などが入った。16年の熊本地震で破損し修復中の熊本城も通る。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス