政治

日韓、レーダー照射で平行線 両国防衛相が非公式会談

 「アジア安全保障会議」の昼食会会場で韓国の鄭景斗国防相(右)と握手する岩屋防衛相=1日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】岩屋毅防衛相は1日、訪問先のシンガポールで、韓国の鄭景斗国防相と非公式に会談した。昨年12月の韓国海軍艦船による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題を巡り、岩屋氏が「自衛隊機は適切に飛行していた」と主張し、再発防止を要求。鄭氏はレーダー照射は事実無根だと否定し、議論は平行線に終わった。レーダー照射問題後、両氏による会談は初めて。

 岩屋氏によると、両氏は約30分間会談した。両国関係が悪化の一途をたどる中、改善へ努力する必要性では一致した。停滞している防衛交流の正常化へ協議を継続すると確認。北朝鮮の完全非核化に向けた協力を申し合わせた。


(共同通信)