国際

LGBT理解訴え、ソウルで行進 7万人がパレード、20回目

 警官隊(手前)が警備する中、同性愛に反対する市民が開いた集会=1日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】同性愛などの性的少数者(LGBT)への理解を訴えるイベントが1日、ソウル中心部であり、シンボルカラーの虹色の巨大な旗を先頭に主催者発表で推定7万人がパレードした。2000年から毎年開催され、今回で20回目。

 参加者らは軽トラックの荷台のステージで踊ったり、「差別禁止法を制定せよ」と書かれたプラカードを掲げたりしながら、歩行者天国の車道を練り歩いた。ソウル市庁前の広場には市民団体などがブースを設け、啓発活動を行った。日本や香港の団体も参加した。

 韓国では同性愛に批判的な世論が根強く、世論調査会社の発表では同性婚合法化に反対の回答が56%。


(共同通信)