芸能・文化

漫才師の横山たかしさんが死去 金色のスーツ、お坊ちゃまキャラ

 横山たかしさん(松竹芸能提供)

 漫才コンビ「横山たかし・ひろし」で活躍し、金色のスーツを着た大金持ちのキャラクターで知られた横山たかし(よこやま・たかし、本名山高孝=やまたか・たかし)さんが1日午前3時51分、多臓器不全のため大阪市の病院で死去した。70歳。愛媛県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。後日、お別れの会を開く予定。

 1968年に相方の横山ひろしさんと出会い、コンビを結成。90年代からは金色のスーツを着た「大金持ちのお坊ちゃま」を自称するキャラクターで人気に。「すまんのお」というせりふや、ハンカチをかんで泣き言を言うギャグで観客を笑わせた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス