国際

香港学生、天安門追悼集会欠席へ 関心薄れ、記憶継承に課題

 2018年6月4日、香港の民主派団体が主催した天安門事件追悼集会(共同)

 【香港共同】香港の主要大学の学生会は2日までに、中国当局が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件を巡り、民主派団体が4日に開催する恒例の追悼集会への不参加を表明した。「一国二制度」下で高度の自治が約束された香港は中国の民主化要求運動の拠点となってきたが、若者の事件への関心が低下、記憶の継承が危ぶまれている。

 追悼集会は毎年、事件発生日の6月4日に民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」が開催してきた。地元メディアによると、各大学の学生会はここ数年、集会を欠席。「香港の民主化のためには中国の民主化が必要」との主張に賛同できないというのが理由だ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス