くらし

訪日客誘致の成功例で冊子 遊覧船やフェリー事業者の事例で

 自転車をそのまま船内に持ち込めるサイクルシップ(国交省提供)

 国土交通省は、国内で遊覧船やフェリーを運航する事業者による外国人旅行者呼び込みの成功例を冊子にまとめた。地元の観光資源の活用や日本文化の体験、多言語対応といった受け入れ環境の整備など、分野別にさまざまな取り組みを計38例紹介している。

 各地の地方運輸局を通じ事業者に配ったほか、国交省ホームページでも公開。今後の参考にしてもらう。

 日本文化の体験では「最上峡芭蕉ライン観光」(山形県戸沢村)の「こたつ船」を紹介。冬に暖を取りながら最上川を下るツアーは、海外メディアにも取り上げられた。台湾人に特に人気で、閑散期の利用者増につながった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス