くらし

パンプス強制の反対署名を提出 1万8千人、厚労省に

 厚労省で記者会見するグラビア女優でライターの石川優実さん(右)=3日午後

 長時間履くと足腰を痛めることもあるパンプスやハイヒールの着用を「女性のマナー」として強制するのはやめてほしいと、オンラインで署名を集めていたグラビア女優でライターの石川優実さん(32)は3日、約1万8800人超の署名と要望書を厚生労働省に提出した。

 要望書では「企業が着用を女性のみに命じることは性差別、もしくはジェンダーハラスメントに当たり、禁止するという法規定をつくってほしい」などと訴えた。

 記者会見した石川さんは「(署名提出は)第一歩。多くの女性が困っているが、個人的な問題だと思わされ、マナーだからと何も言えずにきた」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス