経済

大和ハウス役員賞与2割減 不祥事続き株主提案へ

 大和ハウス工業は3日、社外取締役を除く取締役16人に支給する2019年度の賞与総額を、当初予定していた10億4500万円から2割減額し、8億3600万円にすると定時株主総会の招集通知で明らかにした。中国関連会社の資金流出や国内の違法住宅問題と不祥事が続いた責任を明確にするとしている。

 今月25日に大阪市内で開く株主総会で提案する。一連の不祥事を受けて取締役の賞与減額を発表するのは初めて。

 大和ハウスは中国の関連会社で巨額資金が不正に引き出されたほか、国内住宅約2千棟で建築基準法に違反した手続きが見つかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス