経済

米IT大手の独禁法違反調査準備 当局、アップルなど4社対象に

 IT各社のロゴ

 【サンノゼ共同】ロイター通信は3日、米当局が米IT大手のアップルやアマゾン・コム、フェイスブック(FB)、グーグルに対し、独占禁止法(反トラスト法)違反がなかったかどうかを調べる準備をしていると報じた。米下院司法委員会も3日、デジタル市場における競争について超党派で調査を始めると発表した。

 米当局は市場支配力を強める巨大IT4社に対する問題意識を高めているもようだ。米株式市場では、4社の先行きに対する警戒感が高まり、いずれも株価が下落した。

 ロイターによると、米連邦取引委員会(FTC)と司法省が4社の監視を分担する。


(共同通信)