経済

農産品輸出拡大へ新体制 交渉・衛生審査、来春にも一元化

 首相官邸で開かれた農林水産物・食品の輸出拡大に向けた関係閣僚会議=4日午前

 政府は4日、農林水産物・食品の輸出拡大に向けた関係閣僚会議を開いた。相手国の食品安全規制に迅速に対応しながら交渉を進めるため、衛生管理の審査などの業務を農林水産省に一元化する新体制に来春にも移行することを決めた。司令塔を明確にするほか、自治体や民間検査機関とも連携することで手続きにかかる時間を短縮し、輸出を促進する。

 6月にまとめる経済財政運営の指針「骨太方針」に盛り込む。早ければ今秋に予定する臨時国会に新法を提出する。

 菅義偉官房長官は4日の関係閣僚会議で「行政上の対応の遅れによって大きな可能性のある農産品の輸出が滞る事態を早急に解消したい」と述べた。


(共同通信)