くらし

尾瀬で山開き ミズバショウ見頃に

 尾瀬国立公園の山開きの式典が開かれた新潟県魚沼市の入山ルート=4日午前

 新潟、福島、栃木、群馬の4県にまたがる尾瀬国立公園の山開きの式典が4日、新潟県魚沼市の奥只見ダムで開かれた。同市観光協会によると、群生するミズバショウは一部が咲き始め、今週末には見頃を迎えそうだという。

 式典には登山者や、入山ルートがある福島県檜枝岐村、群馬県片品村の代表者ら約100人が参加し、安全を祈願。尾瀬山小屋組合の松井敏彦組合長は「尾瀬をみんなで守り、楽しんでいただければ大変ありがたい」とあいさつした。

 式典は3市村が持ち回りで開催している。環境省によると、2018年度の入山者は約27万人だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス