政治

丸山氏、異例の糾弾決議案可決へ 6日にも、与野党が共同提出合意

 衆院議院運営委員会の理事会に臨む与野党筆頭理事=4日午前

 衆院議院運営委員会の与野党筆頭理事は4日、国会内で会談し、戦争で北方領土を取り返すことの是非に言及した丸山穂高衆院議員=日本維新の会を除名=について、直ちに進退判断を迫る「糾弾決議案」を共同提出する方針で一致した。6日にも衆院本会議で可決される見通しだ。丸山氏は3日に提出した弁明文書で「人民裁判」と反論。議員辞職にも否定的な考えを改めて示した。

 丸山氏に関して、与党が提出したけん責決議案と野党の議員辞職勧告決議案は取り下げる。衆参両院事務局によると、国会議員への糾弾決議案提出は例がないという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス