国際

デンマーク、5日総選挙 野党左派優勢、政権交代も

 デンマークのラスムセン首相(手前)=5月29日、コペンハーゲン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】デンマークで5日、一院制の国会(定数179)の総選挙が行われる。現地報道では、社会民主党を中心とする野党側の中道左派陣営が優勢との見方が強く、ラスムセン首相率いる自由党など中道右派の与党陣営を抑えて4年ぶりの政権交代となる可能性がある。

 争点の一つが移民問題だ。自由党は議会第3党にとどまり、移民規制強化を掲げる極右デンマーク国民党の閣外協力に頼ってきた。だが、フレデリクセン党首率いる第1党の社民党が移民に対する厳しい姿勢を打ち出した影響で、国民党への支持の一部が社民党に流れる格好となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス