社会

待ち望んだ新交通運行再開に安堵 逆走事故の横浜シーサイドライン

 運行を再開した「金沢シーサイドライン」の新杉田駅=4日午後5時50分、横浜市磯子区

 自動運転の車両が逆走し車止めに衝突した横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」が4日、運転士による手動運転で3日ぶりに運行した。沿線には住宅だけでなく、企業や大学病院があり、利用客からは待ち望んだ再開に安堵の声が上がった。ただ、事故原因が分からないことへの不安も聞かれた。

 事故が起きた新杉田駅(横浜市磯子区)には、運行再開を知った大勢の利用客の姿があった。沿線に住む高校2年古屋ゆきのさん(16)は「事故には驚いたけど、早く動いてほっとした」と笑顔を見せた。

 事故原因が分かっておらず、自動運転での再開のめどは立っていない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス