スポーツ

セ、パ交流戦が開幕 西武、巨人が白星スタート

 試合前、握手する西武・辻監督(左)と広島・緒方監督=メットライフドーム 

 プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は4日、各地で6試合が行われて15年目のシーズンが開幕した。西武が昨季リーグ王者同士の対戦となった広島に延長十二回、5―4でサヨナラ勝ちした。

 巨人はパ首位の楽天に3―2で接戦を制し、日本ハムは昨季交流戦最高勝率のヤクルトに延長十回、7―6でサヨナラ勝ちした。阪神はロッテに11―3で快勝。ソフトバンクは中日に6―4で、DeNAはオリックスに3―1で勝った。

 各チームが18試合を戦い、23日まで108試合が組まれており、セ、パの同一リーグ内の対戦は28日に再開する。昨季までのリーグ対抗戦方式から今季は5年ぶりに優勝を決める。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス