スポーツ

なでしこ、日本人児童らと交流 回復に努める

 パリ近郊で、地元の日本人学校の児童らと交流する熊谷(左)と長谷川=4日(共同)

 【パリ共同】7日(日本時間8日)に開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表「なでしこジャパン」は4日、パリ近郊の練習場で地元の日本人学校の児童生徒と記念撮影するなど交流した。主将の熊谷(リヨン)は「みんなのエールを力にして精いっぱい頑張ります」とあいさつした。 

 この日は全体練習は行わず、回復に努めた。

 日本は2日にW杯前最後の強化試合を行い、スペインと1―1で引き分けた。10日(日本時間11日)のW杯1次リーグD組初戦でアルゼンチンと対戦する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス