政治

参院選宮崎は立民が統一候補に 1人区計31で野党一本化

 立憲民主党は4日の常任幹事会で、参院選の32ある改選1人区のうち宮崎選挙区で野党統一候補となる公認候補を決定した。同党幹部は「国民民主や共産などから統一候補として内諾を得ている」としており、計31の1人区で野党5党派の候補者一本化が固まった。立民は参院選の公認、推薦を追加発表した。

 枝野幸男代表は常任幹事会で「参院選を勝ち抜くために本格的に活動を加速してもらいたい」と述べた。同党は選挙区での公認候補の擁立作業を終える。

 1人区で唯一、調整が残る鹿児島では国民、社民両党がそれぞれ候補者擁立を主張。一本化が困難な情勢となっている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス