くらし

JR東、水素燃料の車両製作 2両編成、21年度に実証試験

 水素を活用する燃料電池を搭載した鉄道車両のイメージ(JR東日本提供)

 JR東日本は4日、水素を活用する燃料電池を搭載した鉄道車両を試験製作すると発表した。2両編成で水素の貯蔵タンクを屋根の上に配置し、最高速度は時速100キロを想定する。2021年度に営業路線で実証試験を始める計画だ。

 二酸化炭素(CO2)の排出を削減する取り組みの一環。深沢祐二社長は東京都内で記者会見し「さまざまな試験を行い、実用化に向けたデータを収集したい」と述べた。試験は鶴見線などで行う予定で、神奈川県や横浜市、川崎市と環境整備を進める。

 燃料電池と一般的な蓄電池の両方からエネルギーを供給する「ハイブリッドシステム」を採用。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス