国際

米共和党で対メキシコ関税不評 上院トップが認める

 【ワシントン共同】米共和党上院トップのマコネル院内総務は4日記者団に、不法移民対策が不十分だとの理由でトランプ米大統領が打ち出したメキシコからの全輸入品に関税を課す方針は、共和党議員の間で「あまり支持されていない」と述べ、身内でも不評だと認めた。米メディアが伝えた。関税発動阻止のために共和党が議会で何らかの対応を取るとの観測も出ている。

 トランプ氏は不法移民を「関税が止めてくれる」などと正当性を主張してきたが、共和党で反対が拡大する中、強硬姿勢を貫くことができるかどうか注目される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス