くらし

奇跡の復興米、大阪の児童田植え 富田林市、震災を忘れない

 「奇跡の復興米」をルーツとする苗を植える児童ら=5日、大阪府富田林市

 東日本大震災で津波に襲われた岩手県大槌町の民家跡で穂をつけた「奇跡の復興米」をルーツとする苗を、大阪府富田林市の児童らが5日、同市内の田んぼに植えた。今年で6回目。

 岩手県のNPO法人「遠野まごころネット」が2014年、復興支援のお礼として、奇跡の復興米の種もみを富田林市の市民団体に贈った。

 5日午前9時ごろから、地元の児童約70人と保護者らが「震災を忘れない」と、同市桜井町2丁目の田んぼに丁寧に植えた。収穫したコメの一部は大槌町と熊本地震で被災した熊本県益城町に、稲わらは大阪市の天王寺動物園に贈る計画。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス