経済

三菱重、ボンバルディアと交渉 小型ジェット機事業買収へ

 ボンバルディアの小型旅客機(同社提供・共同)

 三菱重工業は5日、カナダ航空機大手ボンバルディアの小型ジェット旅客機事業の買収交渉を進めていると明らかにした。子会社の三菱航空機で開発を手掛ける国産初のジェット旅客機MRJの事業を加速する狙いだ。

 米ボーイングと欧州エアバスが二分する航空機市場のうち、格安航空会社(LCC)や地方路線向けで需要が増す小型ジェット旅客機の分野で存在感を示し、収益を確保したい考えだ。

 ボンバルディアは小型機の開発費がかさんで経営危機に陥り、立て直しを進めている。エアバスに航空機事業の一部を既に売却しており、航空会社が顧客となる民間航空機の部門から事実上撤退するもようだ。


(共同通信)