国際

中ロ首脳が会談、対米で共闘確認 大阪G20へイラン情勢など協議

 5日、モスクワのクレムリンで会談前に握手するロシアのプーチン大統領(右)と中国の習近平国家主席(タス=共同)

 【モスクワ共同】中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は5日、モスクワで会談した。イランや北朝鮮情勢を巡り意見交換。中国、ロシアともイラン核合意から離脱して制裁を発動した米国を批判しており、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を今月末に控え、対米方針で共闘を確認する。

 プーチン氏は「両国関係は前例のない水準に達した」と強調。習氏は「国際課題への中ロの提案をさらに増やしていく」と述べ、連携強化を訴えた。

 新華社電によると、習氏はロシアメディアの取材に応じ、米政権によるイラン産原油の全面禁輸などの制裁が核問題で緊張を加速させていると批判した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス