国際

中国・ロシア、パンダで友好演出 習氏、プーチン氏と動物園視察

 5日、モスクワの動物園でパンダを視察するロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主席(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア訪問中の中国の習近平国家主席は5日、ロシアのプーチン大統領と共にモスクワ中心部の動物園を訪れ、中国が貸与したパンダ2頭が展示される施設を視察した。6日の一般公開に先立つ視察で両国の友好関係をアピールした。

 タス通信によると、2頭は1歳のメスと2歳のオスで、中国が所有権を維持したまま15年間貸与する。モスクワの動物園がパンダ提供を中国政府に要請して3年で実現した展示は記録的なスピードで、フィンランドは10年、オランダは16年もかかったという。

 プーチン氏は「パンダは中国のシンボルで、友好的な行動を高く評価している」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス