政治

安倍首相「政策で責任果たす」 在職日数歴代3位

 通算在職日数が歴代3位となり、報道陣に対応する安倍首相=6日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は6日、第1次内閣からの通算在職日数が初代首相の伊藤博文に並ぶ歴代3位となったことを受け、官邸で記者団に「約束した一つ一つの政策を前に進めていくことにより、責任を果たしたい」と述べた。

 同時に「第1次政権のさまざまな経験の上に、第2次政権(以降)の国政選挙に国民から力強い支援をいただき、ここまで来ることができた。改めて感謝したい」とも語った。

 首相の在職日数は第1次内閣の366日と、第2次以降の2354日の計2720日。このまま政権を保つと、8月に戦後最長の佐藤栄作、11月20日には戦前の桂太郎の2886日を抜き、歴代最長となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス