経済

G7、巨大IT企業の規制で連携 独禁当局が方針確認

 「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制に関し、先進7カ国(G7)が連携して強化に臨む方針を確認したことが6日、分かった。日本の公正取引委員会など各国の独禁当局による作業部会で合意した。8月にフランスで開く首脳会議(サミット)で議論する見通し。

 政府関係者によると、各国の独禁当局は巨大ITの世界展開を踏まえ、規制や違反の摘発で連携する必要があると判断した。各国で実施する実態調査の結果や独禁当局の対応のノウハウを共有することでも一致した。

 こうした議論の結果は、G7の財務相・中央銀行総裁会議で報告する方向で検討されている。


(共同通信)