経済

ルノー、日産統合に照準 FCAは代替戦略を模索

 フランスのルノー本社と同社の車=1月、パリ近郊(AP=共同)

 【パリ共同】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は6日、フランス大手ルノーに対する経営統合提案を撤回、世界最大規模の自動車グループを目指す計画は白紙となった。ルノーは企業連合を組む日産自動車に照準を合わせ、経営統合を求めて圧力を強めることが予想される。FCAは他社との提携や統合といった代替戦略を模索することになりそうだ。

 環境対応や自動運転などへの巨額投資を求められる自動車メーカーは、他社との統合などを通じた経営規模の拡大を追い求めている。自動車メーカー再編を巡り、各社の動きが加速する可能性が高い。


(共同通信)