政治

丸山穂高議員「任期全う」と投稿 衆院糾弾決議、小泉進次郎氏棄権

 丸山穂高衆院議員

 衆院本会議で糾弾決議を可決された丸山穂高衆院議員=日本維新の会を除名=は6日、議員辞職しない考えを改めて示した。本会議を欠席し、ツイッターで「任期を全うし前に進んでまいります」と投稿した。自民党の小泉進次郎衆院議員は「国会で糾弾するのはふに落ちない」と決議の採決を棄権した。

 丸山氏は、自分で出処進退を決めるという勝海舟の言葉「行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張」を引用した。

 決議後、高市早苗衆院議院運営委員長は丸山氏の秘書に決議文を手渡そうとしたが、連絡が取れなかったという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス