政治

厚労省4事業は「要改善」 有識者の公開点検開始

 「行政事業レビュー」の公開点検作業=6日午後、東京・霞が関

 政府の予算執行の無駄を有識者がチェックする「行政事業レビュー」の公開点検作業が6日、始まった。28日まで17機関の67事業を対象に効果や必要性を判定する。初日は厚生労働省のテレワーク普及対策など4事業を検証。3事業は「抜本的な改善」、1事業は「一部改善」がそれぞれ必要だと指摘した。同省は2020年度予算の概算要求に結果を反映させる。

 点検は大学教授や金融の専門家ら6人が実施し、インターネットで中継された。テレワークを導入する中小企業への助成事業に関し、申請手続きが煩雑で、件数を制約していると改善を要求した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス