国際

平和条約の早期締結は困難 ロ大統領、日米同盟に懸念

 6日、ロシア・サンクトペテルブルクで、各国の主要通信社幹部と会見するプーチン大統領(右)(タス=共同)

 【サンクトペテルブルク共同】ロシアのプーチン大統領は6日、日ロ間の平和条約締結を安倍晋三首相と共に望んでいるが「日米軍事協力が(締結を)困難にしている」と改めて強調。北方領土問題の早期解決は困難との認識を示した。29日に大阪で予定される日ロ首脳会談で、平和条約交渉の進展が見込めないことが確実になった。

 サンクトペテルブルクで世界の主要通信社幹部と会見し、共同通信の質問に答えた。

 日本には自国の安全保障に関する権利があると認める一方で、日本もロシアの懸念に配慮するよう要求。この問題は専門家による慎重な交渉が必要だと指摘した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス