経済

東京円、108円台半ば

 7日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比23銭円安ドル高の1ドル=108円46~47銭。ユーロは58銭円安ユーロ高の1ユーロ=122円15~19銭。

 午前は米国が10日に発動予定の対メキシコ関税が延期される可能性が伝わったことで、投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、相対的に安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。午後は小さな値幅でもみ合う展開となった。

 外為ブローカーは「米国とメキシコの協議の行方や、米雇用統計の発表を見極めたいとの様子見気分も強かった」と指摘した。


(共同通信)