芸能・文化

犬山城、8月から入場規制 屋根瓦を修理、54年ぶり

 国宝犬山城=愛知県犬山市

 愛知県犬山市教育委員会は7日、国宝犬山城の屋根瓦を修理するため、8~9月に上部の3、4階の入場を禁止すると発表した。市教委によると、入場の禁止は災害時を除けば、1959年の伊勢湾台風で壊れた天守を61~65年に解体修理して以来54年ぶりとなる。

 工事では4階の屋根瓦を全て固定し直し、3階以上の壁の耐震補強などを行う。7月中旬から工事用の足場を設置するため、外側から天守が見えなくなる。

 8~9月は、眼下に360度見渡せる4階の回り縁も立ち入りが禁止される。1、2階は公開し、通常550円の入場料は無料とする。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス