経済

老後2千万円「不安招き不適切」 金融審報告書で菅氏

 記者会見する菅官房長官=7日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、金融庁の金融審議会が報告書で示した、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要とする試算について「誤解や不安を招く表現であり、不適切だった」と述べた。「公的年金こそが老後の生活設計の柱だ」と強調した。

 試算について「家計調査の平均値に基づいて単純計算したものだ」と指摘。報告書は「老後に備えて、個人の置かれた状況に応じて有利な資産形成ができるようにという観点からの提言だった」と説明した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は党会合で「公的年金だけでは老後の満足できる生活水準に届かない可能性があると初めて正式に認めた」と話した。


(共同通信)