経済

G20貿易デジタル会合が開幕 AI活用や保護主義を議論

 G20貿易・デジタル経済相会合であいさつする石田総務相。左は世耕経産相=8日午前、茨城県つくば市

 20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済相会合が8日、茨城県つくば市で開幕した。人工知能(AI)や膨大なデータを活用したデジタル経済の拡大に伴うルールづくりや、台頭する保護主義への対応について議論する。2日間の日程で、初日にデジタル経済分野に絞った閣僚宣言を出し、最終日に議論全体をまとめた宣言を公表して閉幕する見通しだ。

 議長国の日本からは総務相や経済産業相ら3閣僚が参加。石田真敏総務相は各国の閣僚らに「デジタル化の恩恵を共有し、世界中で誰一人取り残さない社会づくりは極めて重要な議題だ」と呼び掛けた。


(共同通信)