社会

横浜地下鉄、運休区間再開見送り 脱線車両の撤去など難航

 6日午前、脱線した横浜市営地下鉄ブルーラインの車両=横浜市

 横浜市営地下鉄ブルーラインの脱線事故で、市は8日、運休が続いている一部区間について、最短で目指すとしていた9日始発からの再開を見送ると明らかにした。全線運行のめどは立っていないという。

 市は、脱線車両の撤去や損傷した線路の復旧が難航していることを理由としており、引き続き早期の復旧に向け作業を急ぐ。

 事故は6日午前5時25分ごろ、下飯田駅を出発した湘南台発あざみ野行きの始発電車(6両編成)が先頭車両から5両目まで脱線した。


(共同通信)