国際

在韓米軍主力部隊の75周年祝う 同盟の結束アピール

 8日、韓国・平沢の米軍基地キャンプ・ハンフリーで開かれた式典で演説する米陸軍第8軍のビルス司令官(共同)

 【平沢共同】在韓米軍の主力である陸軍第8軍の創設75周年を記念する式典が8日、韓国北西部平沢の米軍基地キャンプ・ハンフリーで開かれた。司令官らは米韓同盟の結束をアピールし、軍事作戦のパフォーマンスも披露。地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の発射台や地雷除去車などの装備も展示された。

 同基地の滑走路で開かれた式典で、ビルス司令官(中将)は「何十年にも及ぶ(韓国軍との)パートナーシップは同盟の絆を強め、両国民の友好を深めた」と強調した。

 第8軍は1944年6月に創設され、第2次大戦に参戦、降伏した日本に進駐した部隊。50年に始まった朝鮮戦争にも参戦した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス