スポーツ

陸上の桐生、次はチャレンジャー 日本新にも驚きは少なく

 陸上男子100メートルでフロリダ大のサニブラウン・ハキームが9秒97の日本新記録を樹立したことに、2017年9月に日本人で初めて10秒の壁を突破する9秒98を出した桐生祥秀(日本生命)は8日、「記録はいつか破られるものですし、僕も自己記録である日本記録の更新を目指してきました。次はチャレンジャーとしてハキーム君の日本記録に挑戦していきます」とマネジメント会社を通じてコメントした。

 今月下旬の日本選手権(福岡)では直接対決が見込まれ、「一緒に走れるのを楽しみにしています」とハイレベルな争いを歓迎した。


(共同通信)